Abstract Artの起源

抽象芸術は19世紀にその起源を持っています。

19世紀後半にヨーロッパで始まった抽象芸術は、現代に至るまで世界中から高い評価を得る芸術表現となりました。

1910年代初頭から1920年代にかけて抽象化が登場したとき、アートの世界は絶え間ない革命と傲慢な分裂の状態にありました。芸術的真実の主張のために主義の派閥は (印象派、写実主義、キュビズム、ヴォーティシスト、未来派など) 現代美術の理論と美学の定義を巡って争いました。

その後、芸術家たちは新しい産業とその発展によって多くの自由を与えられ、より自由に試行錯誤し、作品の背後にある創造性と知性の「抽象化」が認められるようになりました。 その技法は様々で、対象を忠実に写し取るのではなく、これまで芸術で認識されていなかった「線、色、形」を描き方によって画家の「心象表現」を表すようになりました。テーマを意図的に排除し、純粋に「感性」のみを追求した無意識の中に眠る抽象的表現が真の美学とも称されました。人々の抽象芸術に対する価値観が大きく舵を取り、現代のアートへと変化していったのです。

その描き方にも独創性が見られ、意図的に絵具缶から直接顔料を撥ね散らし、滴らせる「ドリッピング」や、自分自身の手を筆代わりにして、キャンバスを激しく叩いて描く「アクションペインティング」と言われる技法が誕生しました。

実のところ、抽象芸術は私たちが考えるよりはるかに古く、洞窟の壁に原始人が作った単純化された幾何学模様やデザインも抽象的表現に当てはまります。ローマの起源にさかのぼると「抽象的な」という言葉は何かを「ドラッグ」または「引き寄せる」ことを意味します。 ラテン語での語源は「非常に強力で時には暴力的」とあります。

グローバル化する現代アートのおかげで日本でも抽象芸術が徐々に浸透してきました。進化した新たな芸術表現はこれからもどんどん生まれてくるでしょう。私たちは日本の未来ある芸術文化を背負って、今日も愛と感謝を込めて制作していきます。

株式会社PROTOGONOS

Abstract Artの起源」への1件のフィードバック

  • A WordPress Commenter 2020年10月10日 11:44 AM

    Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

    返信
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *
    *

    CAPTCHA


トップに戻る