業務提携・デザイン制作契約約款

制作者(以下「株式会社PROTOGONOS」といいます)が提供するすべてのサービスには、以下のサービス利用契約が適用されます。株式会社PROTOGONOSは、以下に条件の概要が示されている本利用規約を依頼者が読み、同意しているという了解のもとで、すべての作業を実施致します。

第1条 見積もり

見積書の取引内容(提案、申し出、金額など)は、発行日から30日間有効とします。株式会社PROTOGONOSには、有効期限が切れた申し出を厳守する義務はありません。受け入れ可能な制作スケジュールを両当事者が合意するまで、申し出に法的拘束力はないものとします。この制作スケジュールには、申し出が有効である30日以内に合意しなければなりません。受け入れ可能な制作スケジュールを、申し出が行われている30日以内に両当事者が承認しない場合には、その申し出は有効期限が切れたものと見なされます。

制作中において、当初の見積書において範囲に含まれていない追加作業については、別途見積されるものとします。

第2条 正式受注・デザイン着手

お見積内容や制作条件にご納得いただけましたら、利用規約についての承諾の意思を確認後、正式依頼、正式受注とし、制作着手とさせていただきます。株式会社PROTOGONOSは、承諾の意思を確認するまで、ご依頼案件のいかなる作業も開始されませんのでご了承くださいませ。

第3条 デザイン料金

株式会社PROTOGONOSが提供するデザインサービスの料金は依頼者に提出する見積書に記載されます。

依頼者がこの見積書に承諾、正式依頼とした時点で、利用規約を承諾したことを意味します。また、見積もり料金の50%の額の返納不能の着手金を直ちに支払う義務が生じます。その金額を株式会社PROTOGONOSが受け取るまで、デザイン制作の作業は開始されません。

5万円を超えるご依頼の場合は、制作着手金としてお見積もり料金の50%をお支払いいただきます。残金は納品時にお支払いいただきます。当サービスは完全受注による制作となるため、制作着手後による依頼者のご都合によるキャンセルについては、いかなる理由においても制作着手金の返金はお受けできません。また5万円以内の制作着手金のないご依頼についてもお見積もり料金の50%のキャンセル料が発生、ご請求致します。

第4条 依頼者が支給するコンテンツ

文章原稿は .txt、.doc など、またはメール本文のデジタル形式とし、電子メールで株式会社PROTOGONOSに支給するものとします。

ロゴとアイコンは,イラストレータデータ(.ai, .eps )で支給する必要があります

印刷用に使う画像(写真、イラスト)は原寸で最低 300dpi 以上の高解像度形式(JPG.PDF.PNG.TIFF.ai)で支給するものとします。画像は、その後の画像処理なしで使用に適する品質のものでなければならず、株式会社PROTOGONOSは、後の時点で依頼者が許容できると考えるいかなる画像品質についても責任を負いません。

撮影・アートディレクション、写真検索、メディア変換、デジタル画像処理、およびデータ入力サービスを含みますがこれらに限定することなく必要な処置に対して追加費用が発生することがあります。

作業開始前にすべてのデザインに使用する原稿や素材が株式会社PROTOGONOSに支給されていることが好ましいです。

依頼者が前記素材を支給しなかったことが納期の遅れにつながった場合には、株式会社PROTOGONOSは、従前に合意しているプロジェクト完了期限を合理的な期間、延長する権利を有するものとします。

依頼者は、株式会社PROTOGONOSに支給するすべてのコンテンツ、すべてのコピー、写真およびイラスト、登録済みの会社ロゴ、名称および商標、または他のデータの使用に関して、必要なすべての許可と権利を得るものとします

株式会社PROTOGONOSと依頼者間での契約の締結はそれらすべての許可と権限が得られており、前記資料を使用することが犯罪にも民事の不法行為にもならないこと、依頼者による株式会社PROTOGONOSに対する保証とみなされます。依頼者は、本利用規約に同意することにより、株式会社PROTOGONOSの法的責任を排除するものとし、かつ、一切の請求または訴訟について株式会社PROTOGONOSに補償するものとします。

第5条 変更と修正

プロジェクトへのあらゆる訂正、変更、または修正は、文書(メールなど)にて株式会社PROTOGONOSに提示する必要があります。株式会社PROTOGONOSは、口頭での指示のみ受け取った場合には、その指示を誤解・曲解したことに起因する、誤りまたは脱漏に責任を負いません。

フィードバックは、明確、簡潔、かつ具体的でなければなりません。過度の訂正、微調整、および諸々の変更は、株式会社PROTOGONOSの裁量により、追加料金が発生します。

依頼者は、時宜を得てフィードバックを行い、承認を与えることに同意するものとします。フィードバックの遅れが作業完了の遅れにつながった場合には、株式会社PROTOGONOSは、従前に合意しているプロジェクト完了期限を延長する権利を有するものとします。

第6条 校正・検証・確認

デザイン作業には、校正は含まれていません。依頼者は、デザイン完成の前にすべてのコピーを校正して、承認することに同意するものとします。電子メールによる依頼者の確認は、入稿前のすべてのデザインの承認に関して、最終的に承認されたデザインが印刷完了後は、返金も再刷もおこなわれません。

株式会社PROTOGONOSは、いかなる作為または不作為に起因するものでも、損失、費用、または損害に責任を負いません。

第7条 お支払い

制作したデジタルデータまたは、印刷物(成果物)が納品される前に、全額のお支払いが必要です。

デザイン作業の料金には、.psd、.ai その他のソースファイルを含みますがこれらに限定されることなく、著作権のある株式会社PROTOGONOSのデザインソースファイルの譲渡は含まれていません。依頼者が社内その他のデザイナーに引き渡すためにこれらのファイルを必要とする場合には、別途見積もりとなります。

第8条 知的財産権

全額の支払いがなされるまでの間、株式会社PROTOGONOSが、依頼者のために制作されたすべてのデザインに対する著作権はすべて株式会社PROTOGONOSに帰属することを、依頼者は了解して同意するものとします。依頼者が全額の支払いを行わない場合には、株式会社PROTOGONOSが単独かつ無条件の裁量により、当該デザインを仕上げることができ、展示、使用、および売却できることに、依頼者は同意するものとします。依頼者は、依頼者が最終デザインを選定する前に作成されたすべてのデザイン案を株式会社PROTOGONOSが所有することにも、同意するものとします。

株式会社PROTOGONOSが制作して依頼者が承認した最終デザインに対する(契約書において定める)権利を、依頼者による全額支払後に、依頼者が持つことを、株式会社PROTOGONOSは了解して同意します。株式会社PROTOGONOSが依頼者に納品する完成したデザインに組み込まれているコンセプトに含まれる要素を除いて、依頼者が最終デザインを選定する前に作成されたデザイン案・ラフスケッチ・制作された仮デザインのすべてを、株式会社PROTOGONOSが所有することを、依頼者は了解して同意するものとします。依頼者は、最終デザインに対する権利のみを受領するものとします。株式会社PROTOGONOSがデザインコンペ、デザインに関する出版物、教育目的において、また、(ソーシャルメディアを介しての場合を含め)株式会社PROTOGONOSのデザイン事業をマーケティングする際に、最終デザインとすべての仮デザインを使用する権利を保持することに、依頼者は同意するものとします。株式会社PROTOGONOSが依頼者のために制作するデザインに関して株式会社PROTOGONOSが依頼者に与える使用する権利は、株式会社PROTOGONOSが提供した形式による、最終デザインの印刷、出版・掲載、または配布のみとします。依頼者は無断で株式会社PROTOGONOSが提供したデザインを使用して新たなデザインを再制作することも、他の者に別の形式を再制作させることも認められません。依頼者は、株式会社PROTOGONOSが提供するデザインの第三者への転売を許可されていないことに、同意する者とします。依頼者が本条に記載されていない権利の購入を希望する場合には、依頼者と株式会社PROTOGONOSはその追加の権利のための使用許諾について交渉する必要があり、また依頼者は別料金を支払うものとします。制作したデザインの著作者人格権は株式会社PROTOGONOSに帰属します。

株式会社PROTOGONOSが依頼者のために制作するデザインにおいて商標登録ができる制作はお引き受けしておりません。よって、商標登録ができることを補償しません

第9条 秘密保持

株式会社PROTOGONOSは、依頼者が提供する秘密情報を不正に使用も開示もしないことに、同意します

第10条 拒否する権利

株式会社PROTOGONOSは、デザイン内に、不道徳、人を不快にする、猥褻、または違法と判断するテキスト、画像その他のデータを含めません。すべての広告資料は、関係するすべての広告基準当局が掲げるすべての基準に適合しなければなりません。株式会社PROTOGONOSは、理由の提示なしに、提出資料を含めることを拒否する権利も留保します。

第11条 責任

画面で見る色は、パソコンの設定の相違のために、モニターおよびデバイスによって異なることがあり、印刷結果と異なり得ます。画面でみる色が印刷物の色を正確に表現するものではないことを、また画面で見た色と印刷結果との間に認められる色の変化に株式会社PROTOGONOSが責任を負わないことを依頼者は認めるものとします。

株式会社PROTOGONOSは、可能な限り依頼者のご希望に添えるように努めます。ただし、ご希望に添えない場合もあり、依頼者はこれに同意したものとします。また、ご希望に添えない場合に関して株式会社PROTOGONOSはいかなる責任も負わないものとします。

依頼者に発生したいかなる種類の損害、費用、または責任についても、その責任を引き受けることはできません。

株式会社PROTOGONOSは、サービスの提供に関連して直接または間接に発生した損失または損害について、依頼者にも第三者にも責任を負いません。依頼者は、依頼者または第三者が被った、負担した、または、提起された請求、費用、支出、過失または訴訟について、株式会社PROTOGONOSを補償し、損害を与えないものとします。これには、当該損害の可能性を明示的に知らせていた場合においても、天災その他の合理的な支配の及ばない状況が引き起こした中断、逸失利益、事業の中断、注意義務を含めた義務の不履行、データ情報の滅失その他を、制限なく含めるものとします。

第12条 未完了・解除プロジェクト

依頼者は、各原稿校正提出後14日以内に、依頼者が希望する訂正、変更または修正を株式会社PROTOGONOSに通知するものとします。依頼者が校正提出後14日以内に株式会社PROTOGONOSに連絡せず、訂正、変更、修正、または校正修了を株式会社PROTOGONOSに通知しなかった場合には、株式会社PROTOGONOSプロジェクトが完了したと見なす権利を留保し、完了した作業の支払いについての請求書を発行します、いずれかの当事者がプロジェクトを終了した場合には、株式会社PROTOGONOSは、解除日までに完了したすべての作業についての請求書を発行し、また、依頼者はこの請求書の支払いをする必要があります。

第13条 株式会社PROTOGONOSと依頼者の関係

株式会社PROTOGONOSが独立業者であり、依頼者の従業員ではないことに、依頼者は同意するものとします。依頼者は株式会社PROTOGONOSに包括的な指示を与えますが、株式会社PROTOGONOSは、単独の裁量により、株式会社PROTOGONOSが依頼者のためにデザインを制作する方法を決定します

第14条 宣伝上の利用

株式会社PROTOGONOSは、依頼者のプロジェクトを株式会社PROTOGONOSのポートフォリオ、ウェブサイト、雑誌その他のメディアに発表または展示する権利を保持します。

お気軽にお問い合わせくださいませ

    トップに戻る